http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今週のファミ通で
 この情報を本当に待っていました。

 ユグドラ・ユニオン(PSP) 来年1月発売決定

 去年GBAで発売された、タクティカルシミュレーションRPGが遂にPSPでリメイク決定。
 公式サイトは10月9日から公開とのこと。

 記事を見てみると、流石はPSPということでグラフィックがかなり向上していました。
 ドット絵を完全に打ち直しているようで、これが本当に綺麗。
 ユグドラがきゆづきさんの絵に基づいたドット絵になっていて、公式サイトでの走っているアニメーションgifが可愛い!

 開発状況は90パーセントと、もうほとんど完成しているようなのでさすがに延期は無い…よね。

 PSPで追加・変更された要素は、雑誌情報を見たところ以下を確認。

 ・追加
  新キャラクター
   → 見慣れない女性と頑固そうな老人という名で一枚絵が公開。
     女性キャラは鎌を持ったドット絵を確認。よって加入キャラ?
     老人キャラは戦闘加入キャラかどうかは不明ですが、加入なら書タイプとか?
  タクティクスカードの追加
   → 紫色の背景に一人の女性が立っているような絵柄のカードを確認
     少なくとも新キャラ職業専用のカードは出してくれるのでは。
  キャスト
   → 現在判明しているのは以下の3人
      ユグドラ:中原麻衣さん
      ミラノ:沢城みゆきさん
      ガルカーサ:三浦祥朗さん
  ムービー
   → オープニング用のアニメーションムービーが追加。3分だそうです。
     ちなみに監督・絵コンテを担当されているのは、
     リヴィエラでキャラクターデザインをやっていらっしゃった高津幸央氏
     ムービーのスクリーンショットが雑誌の上に5枚ほど紹介されていました。
     作画が結構良さそうでかなり動きそうな印象。
  新シナリオがあるらしい
   → 頑固そうな老人が出ているのスクリーンショットで、
     レネシー山脈〜火山地帯〜と地名表記されているのを確認。
     GBAでは出ていない地名のはずなので、サブシナリオになるのか?

 ・変更
  ドット絵
   → きゆづきさんの絵に基づいたデザインに一新。
     特にグラン・センチュリオは凄い出来。
     でも汎用ユニットは固有名詞キャラであれどやはりドットはそのまま?
  戦闘
   → 全体的に広フィールド、カラフルになる。
     ATK等のパラメータが白い星から黄色い星へとなる。
     武器アイコンもカラーに。
     そして、戦闘ユニットの白兵人数が最大6人からおそらく8人になる。(Lサイズは3人→4人?)
     画面下に表示されるキャラクターの絵が頭部が完全に表示されている。
     ユニオン結成されたユニットのミニドットアイコンが顔グラに。
  フィールド
   → 会話でのキャラクターの一枚絵が腹部のところまで表示される


 これはかなり面白そう。ロードが気になるところだけど。
 何よりもグラフィックの描き直しから、リメイクとしてのスタッフの方々の気合が見えます。SO1と兼ねて、PSP本体まるごと購入確定かな。
 多分リヴィエラみたいに、新曲追加とかでサントラまた出したり、下手したらSE発売とかするのかもしれませんが。このメーカーのそういう商法はリヴィエラだけにして欲しいなあ…と思いつつ…。

オーディンスフィア (2007.05)
▼プレイ日記6(グウェンドリン編第5章) 5/24更新
 帰りを待ちきれず、オズワルドを迎えに行くことにしたグウェンドリン。
 ブロワに問うと、彼はボルケネルン洞窟へ行ったという。
 何かもう会話を聞く辺り、フラグとか立つまでもなく既に夫婦関係になっているし、これはもう完全に相思相愛じゃないかね。(デレる)
 しかしそれにしても、実は勝手にオーダインのパパがボルケネルンの王様と婚約を約束させていたとか、グウェンドリン狙われやすいなあ。

 と、今回からプーカの料理店・喫茶店に行けるようになりました。
 硬貨の種類が違うのはこれのせいか…、チュートリアル以外材料が揃わなくて終わった。OTL
 チュートリアルといえば、エビが上から降ってきたんだぜ…。(ああああ)

 今回は溶岩洞窟がステージということで、フィールドを歩くだけでもダメージを受けます。
 耐火ペンダント欲しいけど、財布覗いたら14Gとか、もはや買える買えないの問題ではない(笑泣)

 しかし、あの火だるま的モンスターの自爆攻撃は本当にやられまくりだったよ!
 今までのゲームで敵の自爆で大ダメージを喰らうとかはありがちだったけれど、オーディンスフィアの場合、近くに居るだけでも巻き込まれたら即死だからね!
 星4つのステージで奴らしか出てこなかったラウンドでは一瞬地獄を見た。

 ステージボスのチビ竜レヴァンタンはレーザー(に見える)攻撃をかわせば、割と簡単なボスだったと思います。
 寧ろボス戦で苦戦したのはやっぱりあの自爆火だるまな奴ら。

 「竜殺しの魔剣使い」であるオズワルドが全く歯が立たなかったレヴァンタンを、5分程度で蹴散らしたグウェンドリン。
 自分の夫を多分抱え込んで古城に連れて帰ったグウェンドリン。

 もしかしたら実は5人の中で最強の人なんじゃ……。

===

▼プレイ日記5(グウェンドリン編第4章) 5/22更新
 この章から、過去にクリアしたステージへ行ける様になりました。
 ステージボスのエリアにいくと強制送還されるようで、微妙にループしましたが。

 前章でグウェンドリンが受けた罰は、王城追放、ワルキューレという身分を捨て一人の男性のために尽くす女性へとなること。召し使いのミリスも同行。
 ブリガン将軍みたいなでかい男がその男性で奴隷のように扱われてしまうんだなあと心配してたら…。


 オズワルド「君を物だと想ったことは一度も無い。そんな扱いは絶対にさせない。」

 えええええええええ、お前かよ!!
 なんという接点!!!


 ティトレルの指環をグウェンドリンの右指にはめさせていたり(多分薬指なんだろう)、微妙に優しい喋り口調といい、これは吃驚だ…、というかそういう仲になっちゃうのか!(笑)
 上の台詞は説明書や資料集見る限りだと彼のエピソードに基づいているものがあるようですね。

 グウェンドリンはオズワルドに「待っていてくれるかい?」と言われ彼を見送った直後に指環を持って逃走古城のガード緩すぎ。

 そこから、ステージが始まります。今回はかつての故郷だったラグナネイブル城。
 それにしてもあのコンクリートに近いはずの床に何故マンドラゴラが埋まっていられるのだろうか。

 マジックレシピのヒールは本当に有難い…!経験値はないけれど200回復は結構嬉しい!あと、大きなカバンもとりあえず2つ買いました。お金が完全に0Gになったぜハハハ。OTL
 どう考えても足りない&溜まらないよ、お金。

 今回は状態異常になることがないので割と楽なステージでした。
 マップ手に入るのがちょっと遅くて何度も同じところ行ったり来たりしていましたが。
 そういえば今回初めて出てきましたが、幽霊系の敵はR1ボタン押しっぱにすると実体化するんですって!凝ってる!
 中ボスのバーサーカは1体ならまだしも2体同時に出てくるのは反則だと思う。でも逆に2体同じところに立っているとナパーム連発出来てうめぇー。
 
 今回のステージボスはオーダイン。ですが、

 ブリガン「冥界の神は俺に味方したようだ…」

 なんという怨念キャラ。
 オーダインに憑依してブリガン再登場、やっぱり魔王の座を奪いたかったからだそうですが、それにしてもこれは酷いホラー(笑)
 魔王にも何度ボコボコにされたことか…(略)

 んでもって、ようやく解放されたお父さん…つくづく考えていることについてはガッカリだよ…。

 オーダイン「(オズワルドとは)竜の討伐とその竜の持つ指環を引き換えにお前を渡すと取引したのだ」
 グウェンドリン「私の為に命を賭けてまで竜と…?」
 オーダイン「指環は我の物だ。さあグウェンドリンお前も帰って来い」
 グウェンドリン「いいえ、もうここに私の居場所はありません
 
 素晴らしき親離れ。
 この会話でもうオーダインはグウェンドリンをどんなに「愛しい娘よ」と言っても心からそうは思っていないんだなと思った。
 だからこそオズワルドの言葉が影響大きかったんだろう、グウェンドリンにとっては。
 その後グウェンドリンは古城にまっすぐ帰宅。オズワルドの帰りをただただ待つグウェンドリン。指環はどう言い訳するんだ。

 ミリス「最近、いつもあの方(オズワルド)のことばかり考えていらっしゃいますね」
 グウェンドリン「!そういうわけじゃ…///」

 間違いなくこれはフラグ。
 健気〜、見てるこっちがデレる〜。(笑)

===

▼プレイ日記4(グウェンドリン編第3章) 5/21更新
 うちのバイト先はゲームショップなので情報誌として必ず最新のファミ通雑誌がカウンターにあるのですが、ちょうど全従業員中でOSやっているのが私だけなので、攻略ページの切り抜きを頂きました。
 今週のファミ通に収録された攻略ページはグウェンドリンの4章までだったので多少は怖い物なし!
 ※2章は更新日は同じですが、あっちは実際クリアしたのは先週でした。

 3章はベルベットがブリガン将軍によって処刑されるのを見捨てられずにグウェンドリンが救助に向かうという流れ。
 ブリガン将軍は、結晶炉のためではなく自分の名誉を手に入れるために処刑をしようとしていましたが、ベルベットに対して鼻の下が伸びなかったのかとかそういうことにふと疑問。(それはないだろ…)
 ちなみに結晶炉を見たときの第一印象はナウシカの王蟲だった。

 ステージ攻略は、段々操作がつかめるようになってきました。
 背後に回り込んで攻撃も結構出来るようになったし、処理落ちの酷さも実感し始めた(笑)
 あの氷の魔物はフォゾン落としたり落とさなかったり凍らされたりとかなり手を焼いていたものだ…。OTL

 ステージボスは今回も相変わらず手強い。
 オニオンヌ居ないからそんなにナパーム量産出来なくて…、何よりも憎たらしいのはそんなに大してガードしている様には見えない将軍の胸部の4つの盾とか!盾とか!
 あれ酷いよ!壊してもすぐに雑魚ワルキューレがスペア運んで来るし!つかあの盾自体そんなにスペアあるってことが予想外だ!(笑)

 結局ベルベットを解放した罪を背負うことになったグウェンドリン。
 「お前に与える刑は決まっている…」と王様に言われて、死刑か…と安直な予想をしたのは私だけでいい。

===

▼プレイ日記3(グウェンドリン編第2章) 5/21更新
 やばい、これは死ねる。
 正直ステージボスのベルベットさんより中ボスのマンティコアの方が辛かったよ!(だから背後に回れって)

 合成も取得したレシピ以外で余計にいじらない方がいいっすね…、ナパーム量産は結構使えるが、如何せんアイテムの制限がきつい。
 ステージ入った後にかなり悔やんだけど、やっぱり毒防ぐペンダント買っておきゃよかったよ!
 でも金貯まらないんだよ、6桁表示なのに3桁すらいったことがないし!(笑)

 2章は魔女ベルベットを討伐しにいく為に彼女とグウェンドリンが更に接触するのですが…ははー、グウェンドリンとベルベットは異父姉妹なのか。(ネタバレ要反転)
 王様の言うことはどうも癪に障ることばかりで、グウェンドリンと青い鳥の影武者が時々葛藤するシーンを見ると報われなさそうで哀れ。
 このままだとグウェンドリンがますます孤立してしまいそうだ…。
 最初の主人公はワルキューレの本よりグウェンドリン。
 もう、飛ぶ時にはばたいて見える姿がものっすごく可愛い。
 あとはフォゾン吸収しているときとか。デレる。

 姉グリセルダから受け継いだサイファーの槍を手に進撃するグウェンドリン。他のワルキューレから「いつでも指示を!」と言われている辺り、進軍のはずなのにどうしてグウェンドリンは一匹狼で進撃していくんだろう(※ゲームの仕様です)

 最初はチュートリアルを交えてステージ攻略していったので、「おー何だスムーズにいけるじゃん!」と浮かれていたんですが、
 その後難易度★5つのステージとボスとDランククリアに早速泣かされた。
 ユニコーンと大量の雑魚に何度殺されたことか。(敵の背後に回れよ)
 つまり、このゲームは死んで成長するものなのだなと確信。
 あ、サイクロンもよくスカされます。(笑泣)

 こういう操作の90%がアクション系(残り10%は買い物や会話)のゲームは本当に久々だから、コマンド一つミスるだけでかなり焦る自分。
 どうでもいいけど、HPが0になって倒れる瞬間を見るとどうしてもSFCの頃のストリートファイターを思い出してしまう。(笑)

 ところで、このオーディンスフィアって5人の主人公は全く接点が無くてそれぞれ別のシナリオが用意されてるとてっきり思ってたので、序章でオズワルドが出てきたり、今回のラストにベルベットが出てきたりで内心びっくりでしたよ…。
 メルセデスママも出ていましたが、今後どういう関係になっていくんでしょう。

===

▼プレイ日記1(屋根裏部屋〜チュートリアル) 5/18更新
 起動すると、まずはゲーム内でオーディンスフィアの物語を見る立場にある少女アリスと黒猫ソクラテスのいる屋根裏部屋へ。
 説明書を見ながら起動してたため、アリスをコントローラで操作出来ることを知らず、アリスのあくびをぼーっと何度も見てました(笑)

 もうソクラテスを抱っこして椅子にぽすっと座るアリスとか…たまらない!!

 3分ほど(ええー)堪能したところで、本編に入ることに。
 最初はグウェンドリン編のみ選択可能なので、ワルキューレの本をめくります。

 姉の死を見届けたグウェンドリン。
 戦況は厳しくも、オズワルドに情けをかけられ国へ帰り、父親である国王の元へ報告に。

 王様デケェーーーーー!!!!
 ブリガン将軍もだけど、グウェンドリンが食べられちゃいそうなくらいでかいよ!(笑)

 バトルの操作については、チュートリアルが最初に表示される上、何かオブジェクトがあると画面下に必ずコマンドを教えてくれるので非常に親切です。
 とくにバトルはチュートリアルの指示をクリアするまで色々と試すことが出来るので忘れっぽい私には助かる!(笑)
 グウェンドリンは飛ぶ姿がかわいいですねー。

 横スクロールアクションはSFCのセーラームーン以来だから(古いよ)、前へ後ろへ逃れられるところとかがすごく新鮮だ(笑)

===

▼とりあえずまずは特典を拝む 5/17更新
 一週間前に予約したにも関わらず無事特典ゲットです。
 バイト先がゲーム屋なのでそこで予約したのですが、どうやらうちのお店は特典の仕入れについてはかなり有効らしい。
 予約ではない初回入荷ソフトにも全て資料集が付いていました。

 サイズはB5、表紙のカバーは厚め。
 ソフトの価格のまま貰っていいのかなあって思うほど制作費がかかっている感じがします(笑)
 内容は、絵も手がけていらっしゃるヴァニラウェア取締役の神谷氏のコメントを始め、主人公キャラ5人のプロフィール、サブキャラの立ち絵や、初期設定、イラストギャラリーなど。
 メルセデスのイラストにデレデレですよ(笑)

シャイニング・フォース プレイ日記
 アーサーに惚れてます。
 成長遅いけど、一番好きよアーサー…。
 だけどまだフリーズ覚えてくれないから転職させてやらない。

 今ルドル村なんですがリターンすれば、確実にレベルアップ出来る事を今さっき知ってショックだ…。OTL
 ナーシャを転職させようかどうか迷う。そろそろ攻撃も通じなくなってきたし…。
 転職のタイミングがイマイチわからずで、今はマックスしかさせていません。
 だって転職したらレベルリセットしちゃうから魔術師は特に困る。

続きを読む >>

Riviera〜約束の地リヴィエラ〜 プレイ日記3
 ようやく一周目クリア。
 二周目はテイルズのサモリネやってからするとしますか、あはは。
 エンディングはセレネでした。

 チャプター7は…最終章のわりには特につまるようなトリックは無かったです。
 あのチャプター5の6人の司祭イベント済ませば、3つのレイヤーなんて軽いって(笑)
 マリスとヘクター様のボイスがエキストラで聴けないのが残念だなあ。
 普通にヘクターをボスにすればいいのに、チャプター6の終盤でで唐突にウルスラには対極の聖魔がいました、ってちょっとエンディングにたどり着くのにかなり駆け足なペースで話が進んでしまったような…。
 まあエンディングも全て見れたわけではないし、隠し要素はたっぷりなので、今後もプレイ楽しみます。
 ラスボスは見事にSランクでロンギヌスゲットです。


 つーか、トゥールも取り逃したんですが…。OTL

Riviera〜約束の地リヴィエラ〜 プレイ日記2
 えーと、…エレンディアでセーブしました。

 今さっき、レダが死にました。

 ボイスコレクションを聞いていたあたり、序盤でしか仲間行動しないんだろうなってことは予想ついていたんですけど、「命とひきかえに得たもの」のイベントCGを見ると、チャプター6はとても切ない展開だった。
 エクセルとレダが最期の会話をしている時は、ちょっとエクセルのフェイスグラフィックが何で笑顔なんだろうとか首を傾げたけども(苦笑)
 エクセルとレダの2人イベントCGは特に中盤の対峙イベントが気に入っています。


 ああー…嘘だと言って。しかも、ローレライ取り逃した。OTL

Riviera〜約束の地リヴィエラ〜 プレイ日記1
 早いもので、チャプター5に突入しました。
 アドバンスの電池がもう切れ気味です。オキシライドしか持ってないんだけど、使えるのかしら…

 (一部伏せ字有り)

 ようやく戦闘システムが理解できたんですが、序盤でなっかなかTPが溜まらなくて、チャプター2なんかほとんどクエスト使えなかったんですが、大体コツがわかって、今ではTP満タンです。
 Lv3の必殺技で決めるか、エクセルがエクセリオンでトドメを刺せば余裕でSランクかAランクになりますね!
 気づかなかったよ…。2週目決定。
 沐浴イベントの1回目も見逃しちゃったし。

 好感度は一体誰に集中してるのか、全くわかりませんが多分セレネかな。
 さっきからずっと練習バトルばっかやってます…スキルアップしてとにかくステータスアップして、じゃないとインフェルノスに勝てないので(笑)

 チャプター5では、今6人の司祭のフィールドやっています。
 スケルトン系が回避しまくるので、苦戦中。
 何でロザリオ捨てちゃったんだろう…。こんな時にフィアのバニッシュ使えるのに…。

Riviera〜約束の地リヴィエラ〜
   リヴィエラ ~約束の地リヴィエラ~
   Riviera〜約束の地リヴィエラ〜

 買 ッ チ マ ッ タ 。

 アドバンス自体持ってなかったので本体と一緒に中古屋で購入。
 合わせて8000円程度でした。
 ただ、説明書が無いから本当に初歩的なことがわかりません。OTL

 店員さんが女性だったからとっても話しやすくて良かったー。

 ついこの間までスーパーファミコン(古いよ)でトレジャーハンターGをプレイしてまして、それと同じ制作会社がリヴィエラ出してる事を知ったのが買ったきっかけ。
 元々シミュレーションRPGが大好きなんで。

 アニ横の感想まだ溜めてるのでまずそれを消化したら、1日1〜2時間程度しかやらないんですが、プレイ日記もつけてみます。毎週木曜とか。
 1週目は攻略サイト見ずにやれ…たらいいなあ。

<< | 2/2pages |