http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

おとぎ銃士赤ずきん (#14/15/16)
 また3話も貯まりました。OTL

#14:「おかしな森の記憶」

 EDのラストカットに当てはまりそうなルートが出てきたかなという感じです。
 ヘンゼルはサンドリヨンに洗脳されてるのですかー。

 どうでもいいがフェレナンド王よ、本当に捕われの身なんだよな?

 グレーテルはサンドリヨンから逃げたいがために赤ずきん達にSOSを求めていましたが、これはりんごの言うことがもっともですなあ。
 尾行もぶっちゃけ何か仕組まれてるんじゃないかと逆効果な予感が…。いや、グレーテルは可愛い!可愛いんだけど!
 しかもその後にいくら兄貴ラブとはいえ草太に剣を向けた時点で確実に信用を失ったのですね〜。

 戦闘については、やっぱりグレーテルが手を出さなかったのに違和感あり(笑)
 ヘンゼルも中ボス程度のレベルみたいだし、いつかは倒せるでしょう、だって1対3ですから!(ギャフン)

 もうグレーテルリタイアは目に見えたものかと…(←EDのラストカットは?)



#15:「トゥルーデの迷宮」

 普通馬車って後方よりも前方から見たほうが人居るかどうか確認出来ませんでしたっけ?
 今回はまたまた草太君が知らない人に声をかけてしまったために袋のネズミ状態です。OTL

 りんごとハーメルンの仲がますます急上昇してきましたね〜(・∀・)
 もうメルヘン草太は白雪にあげちゃって、この二人でいいところまでいっちゃってもいいのでは(笑)

 トゥルーデは…FFのモノマネ師ほど怖いです。(どんな比較だ)
 実は本当の姿はピンク髪のポニーテールで魔法より剣術が強い…なわけありません。

 毎回勝利ということもなく、トゥルーデの前に敗北を与えられた赤ずきん達。
 実はサンドリヨンよりもトゥルーデの方が強くて、結果的にはトゥルーデがラスボスになるとか展開が来ないかな〜(小さな子供向けアニメなんですけど…)

続きを読む >>

おとぎ銃士赤ずきん (#13)
「サラマンドラの村」

 ビクトリーが思い浮かびますなー。
 こっちのカテジナさんは、髪型の構造が不思議すぎておかしいですよ!

 さて今回はサラマンドラ様を奉る宗教信仰チックな村へやってきた赤ずきん達。
 歓迎された一行ですが、村人は何もかもをサラマンドラの祝福と見なし、ついその前に村に襲撃してきたナイトメアリアンは赤ずきん達が倒したのにと反論するりんご。
 
 いや、もうサラマンドラ様万歳なのは結構なんだけど、あの奉りダンスはどうしてもアカンですわー。
 最近、友人にキングゲイナーのOPムービーを見せられましたが、踊るならこれくらいキレが無いと(笑)

 赤ずきんが熱を出してダウンしてしまいましたが、イマイチこのタイミングがわからないんだよなあ。
 結局、グレーテル退けたのは赤ずきんのチャーハン炒め攻撃だったわけだし、白雪の魔法であっさり完治したのもあってハラハラする暇も無いというか…。
 まさか時間稼ぎとか言わんだろうね!?

 グレーテルにサラマンドラの像を壊され、サラマンドラ様を信用出来なくなった村人たち。カテジナが必死に説得するも相手にされず、そうだそうだ〜!と何度も繰り返し呻く村人達。(笑)
 バッシングされるカテジナを、正直Aパートでの身勝手な発言が続いていたせいか、ざまあみやがれとかうしうし笑っていた(嫌な奴)のですが、草太がおとぎ話でフォローしてしまって、畜生ですよ。

 しかも草太が「おとぎ話は現実にあるんだYO!」みたいな発言をしたとたん、形勢逆転と言わんばかりに草太の言葉を惜しげもなくリピートアフターして再び仕切るカテジナ村長。
 もういっそのことお前らサラマンドラ様じゃなくて草太を信仰してみたら…(無謀)
 ちなみに草太がカテジナに共感していたのは「母親の膝枕の上で話を聞いた」ってところだったのでしょう。(お前もう一度初回見直せ)

 そういえば、前にとあるフリーゲームでこういう似たような神信仰グループと主人公が遭遇するってシーンがあったのですが、そのゲームでは「この像はただの石だ、神様は自分達の心の中にいるんです」って主人公が像を壊しちゃうんですよ。
 それに習って、出来れば村の復興ではもうサラマンドラ像は作らないで欲しいなと想います。(どんな要望だよ)

おとぎ銃士赤ずきん (#12)
「地下室のひみつ」

 ランダージョをおでん缶にしてやりてえー(笑)

 それはそうと、今回は人狼種族ライカン族の登場です。
 多種族が集まるというワイン産地の街にやってきた一行ですが、本当に草太は空気読めない奴よのう。
 黒マントで顔伏せてるオッサン(これが後にライカン王のジェドと判明)に普通声なんか掛けられねえべよ…。

 地下室のひみつとはそのライコウ先代の王様の側近だったザフィーロが逃れ隠れていたという訳でした。
 でも正直それよりも、その地下室にまつわる街娘失踪話の方が気になってしまいます。

 戦闘はそろそろ無理が出てきたなあーという感じですな。
 塵も積もれば山となるって意味なのでしょうが、いばらの「頭を狙っている」発言ではさすがに気付けませんでしたわー。
 赤ヘルメットずきんの鋭い推理によって解決したわけですが、君達は草太を守るために戦っているんだから「安全な場所に逃げて」とかは禁句だろうと。
 襲撃している時点で安全な場所なんてそうそう無いのに、そんなアバウトに言うから好奇心旺盛な草太君はさらに危険な場所へふらついちゃうんだろうが!

 ヴァル「草太…他に誰か居たな?」
 草太「ああ、ジェドって…
 ヴァル「その名を口にするなァ!!

 人の話は最後まで聞けよ!!!
 自分で質問しておいて、まるで草太に非があるみたいじゃないかよ(笑)

 多分ライコウ先代王ってのは名前を聞いた辺りヴァルに関係してることは確かですね。
 自称綺麗好き狼に一体どのようなエピソードがあるのか…。

おとぎ銃士赤ずきん (#9/10/11)
#9:「魔法嫌いのハンス」

 目的地も決まり、一歩一歩進み始めた赤ずきん一行。
 その道中で一行はハンスという少年に出会う。まずはフェレナンド城の近くにある村へ連れて行って貰い、彼の家が営むレストランで腹ごしらえをすることに。
 しかし、ファンダヴェーレのお金を誰も持っていなかったため、食べた分レストランで働くことになる。

 白雪といばらはともかく赤ずきん、2話で持っていたお金は一体どこへやったんだ?(クレープ購入のシーン参照)

 今回はハンスの登場の効果で、白雪の悪い面が見えたので話としてはプラスありマイナスありの要素で出来上がってうまくまとまったな、という感じです。
 それにしても白雪の涙がウソくさい。

 最終的には白雪とハンスがなかなかイイ関係へなりましたが、特に心動かされた台詞は無いんですよね〜。「家族の愛も魔法」発言はちと眠かったので(ヲイ)
 今回はやっぱりハンスのお祖母さんの「おとぎ話は人から人へ伝えられていくものなのよ」的なセリフが一番good!(・∀・)

続きを読む >>

おとぎ銃士赤ずきん (#8)
「心に笛を持つ男」

 ランダージョは長靴をはいた猫じゃなくてブレーメンの音楽隊だったのか…OTL
 しかしそれにしても、おでん缶の大人買いしたものを道端に落とすというのもなかなか出来ない技ですよ。(笑)

 あとヴァルがまた…、おとぎロードの足場が無くなったとはいえ、「おい!早くしろ!」とか言いながら、赤ずきんからいばら姫までの全員の頭に乗っかっていたあの構図は大爆笑モノです。
 やっぱりちょっとの瞬間でもやらかしてくれる良い狼だ!

 今回初登場したハーメルンという少年がサブタイの通りの笛吹き少年。実は露出度が赤ずきんよりも高い。
 フェレナンド城は敵の手に落ち、王様は敵に捕らえられてしまうというまるでラスボス直前にあるようなシチュエーションなのですが、何だか違和感が。
 普通王様の護衛っていばら姫が抜けたとはいえ絶対多いに越した事はありません
 当のフェレナンド王はわざと敵側に行ったようですが、これだけでも十分不利な感じがしてめっさ不安…。

 一方赤ずきんチームは辛うじてファンダヴェーレに到着。そして真っ先にフェレナンド城へと向かう3銃士達なのだが…

 赤ずきん「草太達はここで待ってて、危ないから」
 ボディーガードが一人もついていない方がよっぽど危ないです。
 やっぱり優先度は草太<<<フェレナンド王ってことで。
 ああもう!せめてヴァルくらい置いていけっ!(酷い扱い)

 案の定、ガイド役が一人も居ないのでファンダヴェーレの新鮮さに感銘を受ける草太君。
 花畑を見て「ワァ〜」と喜ぶあのズーム3段階は多分忘れないでしょう。 

続きを読む >>

おとぎ銃士赤ずきん (#7)
「ぼくらの旅立ち」

 回想シーンでりんごの「〜だゾ!」と語尾につく台詞が3連発で出ていましたが、おそらくこれでクレヨンしんちゃんを想い出す人は私以外にも居たと想う。(マジにどうでもいい)

 りんごがグレーテルに捕まったと感づいた赤ずきんとヴァル。
 肉じゃがの匂いを辿ってりんごの居場所をつきとめるというギャグを想像させるヴァルの行動でしたが、さすがに緊急事態なので真面目に真面目に…。
 赤ずきんは一人でりんご救出に向かうと、ヴァル・白雪・いばらに草太を任せることに。
 しぶしぶ従った白雪は前回ファンダヴェーレへの扉を開いていた公園へ草太を連れて行った。
 すると白雪は「洋服を忘れた」と、いばらが「バラにお別れしなきゃ」とそそくさと同時に草太のもとを離れ、ヴァルだけが草太のサポートをすることになる。
 これから何をするのかがすごくわかりやすい。(笑)

 赤ずきんを追いかける何か丸いオブジェ(名前忘れた)。だが尾行はバレバレだったのだ!
 赤ずきん「気付かないと想ってたわけ?」
 おおお、コイツもなかなか面白そうな奴じゃないか!!犬のように縄で繋がられている光景には笑った!

 草太は「りんごは唯一の理解者だから僕の電話は絶対出るのになあ」100%確信しているはずなのでりんごの携帯にリダイヤルする。
 すると聞こえてきた着信音は何故かヴァルの懐から…
 草太「りんごに何かあったんだね?」
 確かにりんごの携帯を狼が持っていたら何かあったに決まってるよな…。

続きを読む >>

おとぎ銃士赤ずきん (#6)
「ごめんね、りんご」

 草太「ぼく、夏祭り行けなくなっちゃったんだ」
 りんご「ダメ。」
 草太「どうしても行けない理由が出来ちゃって」
 りんご「ダメ。
 草太「りんご…」
 りんごダメ。
 りんごダーメ。


 ダメダメ、ダメにんげ(黙れ)

 この会話(誇張含)を聞くとものすごくりんごがワガママ娘みたいです。(笑)

 ファンダヴェーレの王様の護衛をしていたはずのいばら姫がエルデにやってきたということは、ファンダヴェーレに危機が迫っているという事。
 赤ずきんと白雪は、草太を連れてファンダヴェーレへ戻る事に。
 それにしても父親への言い訳が「友達と(無期限)キャンプ」っていうのもある意味すごいよなあ。

 そういえば、草太ママと担任の先生以外で大人キャラは全く出てきませんね〜敵キャラも赤ずきん達と同年代に見えますし。
 アニ横と同じように特定の大人キャラ以外はこどもしか姿が出てこないスタイルなんですか?(笑)

続きを読む >>

おとぎ銃士赤ずきん (#5)
「いばら姫の目覚め」

 そろそろ作画が崩れてきましたな。

 草太「おはよう」
 ついには植物だけでなくてるてる坊主とも会話をするようになった主人公。
 唯一の理解者であるりんごはどうして草太の世界についていけるんだ…本当に良い娘だよ…!

 今回、草太達の学校では校外学習で植物園で写生をしに行く事に。
 何かあれば心の中で呼んでくれれば風を伝って私に声が届きますから向かいますわ、という白雪姫。
 …そんなテレパシー能力があるなら前回もそうしてください。OTL

 それにしても学校の先生はいかにもひ弱そうな方でしたねー。(笑)

 りんごに連れられ植物園の中に入っていった草太。
 隣にりんごがいても薔薇しか見えていない草太には愕然とするばかりでした。
 そこでいばら姫が眠っているのを発見。起こしてあげようかと言う草太に対し、
 りんご「ああいうコスプレ女には関わらない方がいいって最近学んだの!」
 というりんご。でもその学習能力は決して間違いでは無いでしょう。
 それと同時にグレーテルもやって来て、草太とりんごがピンチ!

 …で、こっそりついてきた赤ずきんと白雪姫はというと、コスプレ大会に出場していました。
 というかこのイベントは一体何の意味があったのだ?
 植物園最寄りの駅に着いたときに、白雪姫に向かっておすわりの姿勢をとるヴァルはもはや狼としての威厳が無くなってます。(笑)

続きを読む >>

おとぎ銃士赤ずきん (#4)
「グレーテルの罠」

 えりかことグレーテルが学校で草太を狙う。
 しかし白雪姫や赤ずきんが学校に潜っていた事によりその作戦は一筋縄ではいかなくなってしまいます。

 って、結局りんごは何話しかけてもシカトですか。OTL>えりか

 ヴァルは赤ずきんと合流、「におうゼ」「におうゼ」といって辿り着いたのは給食室
 …そ、そりゃ確かに昼食食べてなさげだったけどさ…!給食泥棒め!!
 そうか、腹ぺこ隊員にとってはやっぱりにおうのはご飯>>>ナイトメアリアンってことなのか!?(意味不明)
 
 白雪姫は白鳥先生として草太の教室へ潜り込む。
 やっぱりグレーテルに対して結構感づいていたみたいですね。
 それと比べて腹ぺこコンビは…OTL

 12時に亜空間を発動しようと教室を出るグレーテル。と、草太とりんご。
 チャイムが鳴ってまさかとは思ったけれど、やはり授業終了時間でしたか。(笑)
 外に出ると白雪が待ちかまえ、さらには亜空間魔法を見破られてしまいその魔法を発動させるのに必要な鏡も回収される。
 グレーテル大ピンチかと思いきや、それでへこたれる敵さんではなかった!

 白雪、回収した鏡はしっかり割ってから地面に落とせ!!

続きを読む >>

おとぎ銃士赤ずきん (#3)
「気になる転校生」

 赤ずきんが?>気になる転校生

 冗談は置いて…グレーテルが名前を偽って草太のクラスに転校しての登場です。「6号さん」って呼んで下さい。
 早速正体明かして戦うのかなと思ったら、機会を狙っているようで…。

 白雪姫「この家には結界が貼られていないんです!」
 朝、草太の自宅にて。
 ナイトメアリアンから草太を守るには、ただ家の中にこもっていても意味がない。だから結界を貼ったほうが有効である、と白雪姫。
 赤ずきんが結界魔法を苦手とするので、ここは白雪の出番。しかしメジャーで家を測るとはかなりの几帳面な銃士ですね〜。
 それが銃士の力でしょうか、赤ずきんは大雑把な分戦力はある…はずですよね。^^;

 最初、りんごが学校案内してあげると声をかけた際にいかにも「馴れ馴れしく来ないでよ」みたいな態度で振り切っていたグレーテルでしたが、草太が目的で来てるわけですから、草太に学校案内をお願いするのも当然かな、と。
 でも、こういう態度って断られたりんごの立場としてはショックですよね。(´・ω・`)

 学校はやっぱり異世界人にとっては興味あるスポットですよね〜。(笑)
 確かにヴァルが学校に行くと目立ちますが、赤ずきんや白雪のコスチュームはそれ以上に目立つと思います、学校ですから
 「嘘っ!?」とかすかさずリアクションするヴァルが素晴らしい。

続きを読む >>

<< | 2/3pages | >>