http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遊戯王5D's (#67)
「デュエルアカデミアの伝統! アンティーク・ギア・ゴーレム」

 低レベルというよりは、チューナーの使い道を広げる話。
 ハイトマン教頭は先週の予告からあれほど「低レベルモンスターなんかいらぬ」って言っていたからフィールド魔法の歯車街の破壊効果を使ったり、究極巨人の効果でも使うのかと思っていたら、なんだこの1killコンボは。
 その低レベルサポートの機械複製術が一番重要じゃないかよ。


 デュエルアカデミアのクラスメートとしてボブにパティ、スライと新しいキャラクターが続々登場しましたが、龍亞を通じて遊星(とホイールのテストフレーム)は小学生達の人気の的らしい。
 スライ「寄り道なんかしないでまっすぐ帰れよ」
 龍亞や天兵から変わり者扱いされていたスライは、この返事や後に成り行きで遊星のカードを拾うのを手伝っていたりと、実は一番健全な子供なんじゃ…と思っていたら、スターダストが盗まれるフラグを立てなすった。
 またか、スターダスト…。

 それにしても、かつてキングの称号を持っていた男は、大家にハブられるわ小学生にもナメられるわで今までの威厳が嘘のようです。
 まさかここまで空気候補に近づくとは、侮れない。


 デュエルアカデミアで成績が悪いと龍亞のクラスに退学処分が下されようとした時に抗議するべくアキと、更には「ネジを締めれば直るらしくて」と工具箱を片手に持ってきた遊星が登場。
 その後手作りデュエルディスクを装備していたあたり、本当に工具箱の中に工具が入っていたのか疑わしいが、イエーガーの事例もあるので野暮な突っ込みなのかもしれません。

 アキ「私は子供を傷つけるような大人を絶対に許せない!」
 ああ、自分の両親の…(もう許せ)
 というかアキは事実上復学にも関わらず、成績トップで優遇されているからなのか、黒薔薇の魔女と呼ばれていた頃の面影や精神面の弱さが完全に見えなくなっているところが凄いですな。龍亞がアキ姉ちゃんを怒らせたらやばい!と言う台詞は、サイコパワーの暴走の危険があることを指していそうなのですが、ここまで他人の見方も変わるものなんですねえ。
 しかしハイトマン教頭、いくら修理屋が来る前とはいえ「全員退学」という文字を黒板全体に表示させるなんて芸当は反則ですよ…。

 遊星「ここからは、俺が特別授業をする番だ」
 反面教師として…ゲフンゲフン。
 詰まるところ、今回のデュエルについては両者ともバーンが功を奏しているようなものなので、ローレベルモンスターで戦略を組むっていうのとは、少し違う気がするなというのが第一の感想。他人のカードを借りたという設定上こうするしか無かったのかもしれませんが。
 5D'sではプレイヤーのデッキに関わらずバーンで解決することが多い気がしますが、もうそういう付加効果を無くしては成立し得ないのだろうか…。




 新しいカードについては、デュエルが短いこともあり、モンスターは少なめ。

 古代の機械石像(アンティーク・ギア・スタチュー):ATK500/地/機械/Lv2
 場にあるこのカードをリリースすることで、手札の古代の機械巨人を特殊召喚が可能。

 エキセントリック・ボーイATK800/DEF200/風/魔法使い/Lv3
 このモンスターでシンクロ召喚を行う際、他のモンスター1体は手札から素材を選択しなければならない。
 またシンクロ召喚したシンクロモンスターの効果は無効化される。


 スタチュー、非常に良いモンスターですね。ゴーレムの無条件召喚方法は過去にもいくつかありましたが、カードを破壊せずに召喚出来るようになると随分安定感が出てきます。
 エキセントリック・ボーイという新たなチューナーが登場しましたが、この効果だと素材を2体以上必要とするシンクロモンスターは呼べないのが残念。まあモンスター自体種類が無いっちゃ無いのですが。
 それだけなら良かったものの、効果が売りなシンクロモンスターを出したいと思ってもこれでは意味がない。レベル3の割にはパラメータも低めですし、終盤で決着を付ける時ならば良いですが、何とも扱いたくないデメリットだ…。

 他のモンスターについては、古代の機械巨人はもちろんのこと、ガード・オブ・フレムベルハネワタなど既存のカードが今回は多く登場。
 フレムベルが来たからじゃあ他のターミナルカテゴリーも…なんて思ったが、予兆すら無いのであった。

---

 魔法、罠はチューナーに関するものが登場。

 レベル・サンダー自分の場にいる全モンスターのレベル合計値×100の値を相手LPにダメージ。
 調和の宝札手札のチューナーモンスターを墓地に送り、デッキから2枚ドロー。
 バラエティ・アウト場のシンクロモンスターをエクストラデッキに戻し、墓地のチューナーモンスターを戻したモンスターのレベルと合計になるよう特殊召喚する。 
 チューナーズ・バリア自分の場のチューナーモンスターはこのターン戦闘破壊されない。
 チューナー・ボム相手の場のモンスターの数だけ自分の場のモンスターを破壊することで相手のモンスターを破壊し1000LPダメージを与える。

 またOCG化が厳しい効果を…。罠はまだ良いと思いますが。
 レベル・サンダーについては、今ではDDBのようなカードもあるので、仮にバーンデッキに入れるにしてもモンスターカードの投入率を考えればそれ程脅威ではない。問題は調和の宝札
 チューナーを墓地に送るコストがあれど、蘇生方法は同様の効果であるデステニー・ドローやトレード・インのコストに比べたらいくらでもあるし、BF-大旆のヴァーユみたいな墓地からでもシンクロモンスターを呼び出せるモンスターが出てしまったので、この今の環境で2枚ドローっていうのは無理な話だ…。



 次回はマーサと雑賀が久々に登場。マーサハウスに頑固なお爺さんを連行する作戦を執り行うそうで。
 リアルかかしが物凄く気になります。

スポンサーサイト

Comment



Trackback
TrackBack URL : http://lite.jugem.jp/trackback/654
予告だと、デュエルアカデミアの成績が悪い生徒をけなす 教師を主人公が倒すという、GX第1話のデジャヴュ的な回になると 思ったんだが、スライのスターダスト・ドラゴンほしいフラグを 立てるのが目的の回だったとは。(自分がそう思っただけだが) まあ、デュエルアカ
にんじゃハムの本村 | 2009/07/17 5:38 PM
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【2】(2008/12/17)宮下雄也星野貴紀商品詳細を見る 唐突にアカデミア編スタート。アキさんはもうすっかりなじん...
破滅の闇日記 | 2009/07/17 10:49 PM