http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

デュエルターミナルで大きくなったらアタック (#1-2)
 EXステージ用のBGM、5D'sキャラは全員違う曲が流れますが、今回の遊星戦は第3弾のBGM(1話のジャンク・ウォリアー召喚時に流れる曲)に戻ったんですね。
 第5弾(ダークシグナー編のバトル曲)も悪くはありませんでしたが、やはり以前の曲の方がアニメ本編における遊星のデュエルの印象が強かったので、今回の変更はとても嬉しいです。
 龍可戦の曲はアニメで流れた記憶が無いので恐らくターミナルのオリジナル曲かな。 



【デュエルターミナル第6弾−「絶対氷壁」をつかう2】

 氷結界の隠しデッキでCPUと対戦していこうというプレイ雑記2日目。
 前回決めたレシピでEXステージ進出を狙います。

 本日対戦相手として選んだのは5D's勢の龍亞アキジャックの3人でそれぞれ3回ずつ。

 今回使用したレシピは以下の通り。(背景有りがスキャンカード)
 【モンスター】氷結界の修験者、氷結界の封魔団氷結界の風水師、氷結界の術者、氷弾使いレイス
 【魔法】サルベージ、ウォーターハザード、大寒波
 【罠】強制脱出装置、魔封じの芳香
 【EX】氷結界の龍グングニール氷結界の龍ブリューナク氷結界の虎王ドゥローレン



 結果を言うと、いずれの相手も3戦中2戦がEX進出。
 前回ギリギリで危うかったスコアは、操作の慣れもあるのか、一番デュエリストポイントの低い龍亞でも30,000越えに達し、段々安定してきました。
 ただ龍亞については負けはしませんでしたが、残りの1戦ではダメージを半分近く受けてしまい、23,000台と振るわず終了。
 
 後のアキとジャックについては、それぞれ2勝1敗。
 負け試合の状況は、ブラック・ローズ・ドラゴンの効果によってレイスが攻撃力0となり袋叩き、ジャック戦では貫通効果持ちのモンスターにレイスが袋叩きに。(何故かレイスばかり)

 そしてEXステージでは、龍可が3戦、クロウが2戦、遊星が1戦登場。
 EXの方は、デッキ切れ勝利1戦を含めて5勝1敗
 龍可にシモッチ+ギフトカードと停戦協定で4000バーンやられた時は参りました。
 今回のメンバーの中では、アキとこのEXでの龍可がなかなか手強かったです。

---
 
 勝てる場合と負ける場合のこちらの状況というのは、やはりシンクロ召喚が出来るか出来ないか。
 その分かれ道の第一の要因は、レベル4のモンスターが手札に早く来るかどうかです。
 最短でクリアするには、始めからウォーターハザードとチューナー、効果モンスターが揃っている状態がベスト。

 シンクロ召喚については、相手にもよりますが、ドゥローレンは今回はあまり使いませんでした。
 龍可や龍亞、ジャック、クロウなど墓地回収の手立てがない相手には、グングニールを。
 アキや遊星など墓地に及ぶ効果を持つモンスターを多く投入している相手には、ブリューナクを。
 という感じで。
 とはいえ、相手が誰であれ最初に出したのは殆どがブリューナクでしたね。
 
 下級モンスターについては、効果を使ったのは風水師のみ。
 魔封団はすぐシンクロ素材として墓地に送ってしまうので魔法封じの効果は大寒波に任せてしまっていました。

 魔法・罠は、ノーマルでは時間のロスを増やさないよう、相手のゾーンを封じる際は大寒波を優先。魔封じの芳香は極力手札のコストにするなどして使わない。
 一方でEXではすすんで使っていました。今でも有効ですが、これがいつでも発動出来ればなあ…。
 相手が上級かシンクロモンスターを召喚し攻撃を仕掛けた際は、強制脱出装置に助けられるという状況が多かったです。

---

 次対戦する時は、まだノーマル戦をしていない残りの5D's勢を選ぶことにして、GX・DM組はその後にでも。
 スコアのボーナスについては問題無くなってきたので、その次のEX戦でどれだけフルに活用出来るか。その為にはEXで全キャラクターと当たらないとわからない。…ランダムなので運任せですな。
 しかも別のデッキでもここのところEXはクロウと龍可が当たる当たる。


 タイトルはヨーグルト押してみより。


 リンク:遊戯王ファイブディーズ デュエルターミナル第6弾−疾風のドラグニティ−(コナミ公式サイト)

スポンサーサイト

Comment



Trackback
TrackBack URL : http://lite.jugem.jp/trackback/646