http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遊戯王5D's スターダストアクセラレーター プレイ1日目
 ウィーリーが終わったので、こっちもそこそこ開始。
 まず、やった第一印象についてですが、DT4弾までのカードが使えるっていう点が大きかったので買ったことへの不満は無いのですが、画面が本当に見辛くなった。
 見下ろし型のアングルも前よりもずれてる感がするし、何よりもモンスターのグラフィックが邪魔で攻撃表示か守備表示かがわかりにくいってのは本当に慣れで良くなって欲しいが…。
 LP枠やらくねくね表示が多かったりと、前作までの表示の仕方が好きだったなあ。まあこれも慣れか。
 パック収録を実際のものと同じにしたところはとても良いと思います。

---

 到達度:ストーリーモード(アウトロー一味と接触中)

 まずはストーリーから開始。今まで毎日配信されていたカードを少し取り入れつつ初期デッキでやっていますが、最初でつらいと思うのはブリッツでした。デッキ破壊タイプなのですが、初期ではろくに対処できない。
 次に任意で戦えるデュエリストの中ではギャル娘がナチュル中心のデッキを持っていてよく回るなーと2度ほど負かされました。しかも台詞もなかなかきつい(笑)
 そういえばナーヴとタカのデッキは初め気付かなかったのですが、アニメで声を担当されている芸人さんのコンビ名にちなんだものだったんですね。

 主人公は記憶喪失という設定で、進めると次第に記憶を取り戻していくことになるのですが、スピードスペルを見つけて主人公がD・ホイーラーでシティ人間なんじゃないかとわかった時のラリー達の反応がものすごく良すぎてびっくりしました(笑)
 まあアニメでも実際中立的な思考だったがここまで結束力が強いとは…。
 というかスピードスペル自体手に入れるのが大変なんだよ、って聞くと遊星はどれほどの目利きでスピードスペルのカードを見つけ出して拾ったのだろう。サテライトにカードショップがちゃんと建物としてあることにも驚いたが!
 キャラクターの台詞とかは5D'sに限らずたまにぶっ飛んでることがあるので、そういったギャップも含めて面白いです。

スポンサーサイト

Comment



Trackback
TrackBack URL : http://lite.jugem.jp/trackback/620