http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遊戯王5D's (#24)
「ヴィクテム・サンクチュアリ 破壊を包む星となれ! スターダスト・ドラゴン」

 今回はついに遊星自身のデッキからスターダスト・ドラゴンが召喚されましたね。
 そして、サブタイのヴィクテム・サンクチュアリはスターダストの破壊効果無効の発動名称だったようです。

 ローズ・テンタクルスは前回相手プレイヤーを捕縛した上に地面にたたきつけるという相当な攻撃を仕掛けてきましたが、今回もひどくご機嫌の様で遊星の背中を豪快にチョップする始末。
 …これじゃアキも笑うって。


 遊星はジャンク・ウォリアーをシンクロ召喚してなんとかローズ・テンタクルスを破壊するも、アキは次にコピープラントを召喚し対抗してシンクロ召喚の用意。

 矢薙「あれえ?レベルだけコピーして何するつもりだい?」
 オイオイじいちゃん、全く同じパターンを過去にも(実質上1日前)バッチリ見ていただろうが!?
 案の定チビッコ達に全く同じ突っ込みを喰らうハメになる。
 しっかり!


 それでもジャンク・シンクロンとスピード・ウォリアーを呼び戻して、何とかジャンク・ウォリアーがブラック・ローズの攻撃力を超えることになったのだが、ここで遊星はスターダスト・ドラゴンを召喚して賭けに出ることに。

 ジャック「何だと…」
 てっきりスターダストが早く披露されたことにショックを受けたのかと思った。(笑)
 確かに攻撃力やモンスター数を考えれば龍亞の言う通りなのだが、龍可はやはり感づいていたようで読みも流石に鋭いです。
 余談だけど、ブラック・ローズ・ガイルがかかった時に龍亞がとっさに龍可の肩を押さえていた姿勢には感心しちゃったよ。

 MC「このドラゴンは初めて見るぞ!何と気高いモンスターだ!」
 2年前から既に存在していたのに全く知られてないって不思議なモンスターだよなあ、スターダスト。見た目的にもデータ的にも好かれそうなモンスターなのに。…いや他のドラゴンもそんな感じなのかもしれない。
 入手ルートとして某社が没カードとして廃棄したものがサテライトにやって来たとかありえそうだけど、4話ではジャックの現Dホイールで普通に召喚出来ていたし、遊星のハッキング技術でデータを正規化するのはさすがに厳しいだろうしなあ。(益々悪者になっている)


 2体のシグナーのエースモンスターが対峙したのは本編では2回目となりますが、やはり2体となると痣による痛みは増していたらしい。それに加えて遊星の言葉もあってか、アキの言動が段々変わってきます。

 「破壊の衝動に、生きていけないとさえ思った」
 「だから私は私であることを捨てた、もう一人の自分を作り上げた。
 回想見ると超能力が暴走してしまうのって、いつもデュエルしている時だからつまりアキは死ぬほどデュエルが好きってことですよね。
 そしてあの破壊を喜ぶ「もう一つの」人格は無意識でなく意識的に作り上げたものだったらしい。…ここまでの想いがあるって、これはこれで凄いデュエリストなのでは…。

 アキ「魔女の私が何を考える?ディヴァインが導いて、愛してくれればそれで…」
 遊星「違う!お前がお前を愛するんだ!」
 アキ「それが出来れば…出来ないから、苦しんでるんじゃないか!」
 だが、その背中を押してくれる心強い存在であろうディヴァインが、実は最も厄介な存在となっている気がする。
 遊星も叫んでいたけれど、アキは「考えることが出来ない」がために自分が自身を殺してしまっていることを自覚していないのではないかな。要はディヴァインが「考えること」を与えない(考えさせない)ようにしている。

 アキはディヴァインが本当に大好きなんだと思います。家族にも捨てられた自分に手を差し伸べてくれた唯一の人間だったそうですし、力に流されていても孤独に怯えているのは明らかだったので。
 ただどこまでが正気なのかわからないんですよね…現時点では。
 ディヴァインもディヴァインで自室のテーブル(それも本人の背後)にあった仮面をアキが持ち出していたことについて、わかりきっていたような反応していたのも何かあえて与えたような違和感があるし。
 ところで、デュエルアカデミアが改めて回想で流れていましたが、どうやらあの制服の色は単純に男女別で分けられているだけのようでしたね。

 
 最後にシンクロ・バックを発動させて、ブラック・ローズを特殊召喚させてフィールドを一掃しようと考えるアキ。アニメではシンクロ召喚だけでなく特殊召喚でも効果発動するだなんてますます凶悪なのだが、
 これっていちいち罠連発してブラック・ローズ行ったり来たりさせるよりもコピープラントやフェニキシアン・シードあたりを除外してスターダストにローズ・リストリクション発動させた方が良かったんじゃ……。
  →この事に関してコメントを頂きました。本当にありがとうございます!

 コズミック・ブラストはフィールドから離れれば発動可になるから、もしプリベント・スターが「装備モンスターの表示形式変更で装備モンスターごと破壊」とかだったらどちらにしろ同じですけど。 もしそれが「装備モンスターはフィールドに残る」とかだったら勝ち目はあったんじゃなかろうか。(あくまでデュエルにただ勝つ為の手段として)
 あれだけスターダストのヴィクテム・サンクチュアリを受けてもなおガイルを繰り返すってことはもう精神的にボロボロな状態だったんだろうけど、総合的に見ているとリセット戦略を目指した余り、永続罠のウィキッド・リボーンの800LPコストが響いた結果になった感じがして惜しい。


 遊星「何度でも受け止めてやる!全部はき出せ、お前の悲しみを!
 これほどの熱い言葉を堂々と叫ぶのは大観衆の前ではそうそう出来ないことだ…。
 もはや竜の痣とかの話も観客に丸聞こえとかそんなの関係ねえという勢いでこの言葉はぐっと来ます。
 今回のデュエルも一種の心理戦ではあるが、悪意があるのと無いとではシチュエーションの盛り上がりっぷりも違ってきますねー。こういう主人公の熱血さは凄く良い。この本気っぷりは半端じゃない。
 そして遊星にとってアキの涙と「た、すけ…」という小さい叫びはどう響いたのだろうか。

 勝敗が決まったものの、観客は相変わらずアキに対して暴言を浴びせる。
 泣き崩れる女の子を一斉に叩くっていうと一見やりすぎにも見えるのだが、これまでに彼女が観客席やデュエル場での物理的損害を与えたのは紛れもなく事実だし、観客も怪我しているかもしれなかった。
 最悪の場合セキュリティから賠償請求されてもおかしくない。(まあ運営側は故意に彼女を招待したからそれは絶対無いだろうけど。)
 とりあえずセキュリティはボマー拘束したのはお手柄だったが、設備や観衆のケアもやれや。(笑)


 アキの超能力と痣の関連性についてはわかりにくいままでひとまず終わった感じがしました。
 痣は破壊を与えることに喜びを感じるという心理的な影響を及ぼすとなると、超能力を持っていることは痣を刻まれる一つの条件になってしまう。しかし、他のシグナーは超能力を持たない。(精霊と会話っていう能力はいるけれど)
 そして痣を持ち得ないサイコ・デュエリストは、アキ以外にも存在する。…とはいえ、現時点ではディヴァインがただ自白しているのみで本当に能力を持っているかは確認不可ですが。
 ただアキが痣と超能力の二つを持ち合わせてるのは偶然じゃない気がしてならないのだなー、なんだかシグナー内で限定してもあまのじゃくなキャラクターになってきた。
 仮にAMを抜けられたとしたら彼女が表に出てくるのは相当厳しいし、しばらくはやっぱりAMに属する形で出てくるのでしょうか。ディヴァインの洗脳教育力なら記憶操作とかも簡単にできそうだけど(うへえ)
 …そういえば、髪飾りまた外れてたけれど本当にあの念押しは何だったのだ…。


 次回はフォーチュンカップを勝ち抜いた遊星とキング・ジャックの再戦。
 なんか2年前の回想エピソードがあるみたいだけど、まさかデュエル中にべらべら思い出語りとかするような馬鹿なことはせんだろうね!?
 いやでもキングなら興奮してやりかねないかもね!?

---

 遊☆戯☆王5D's DVDシリーズ DUEL BOX 1(セブンアンドワイ)
 1話から12話を収録したDVDボックスがとうとう来週17日に発売。
 双子は12話にギリギリ出ているとはいえアキは全然出ていないのだが、まさかキャスト欄は今後もあのままなのか(笑)

スポンサーサイト

Comment



 はじめましてB.R.と申します。以後お見知りおきを。

 さて、ブラックローズVSスターダストのことですが、アニメでのローズ・リストリクションの効果は「攻撃力を0にする」だけだと思われます。

 ウィキッド・リボーンで蘇生したモンスターは「蘇生したターン攻撃できない」ので、ブラックローズガイルを発動させることは適切です。また、シンクロ・バック発動時にはスターダストは守備表示となっていて、スターダストに攻撃しても戦闘ダメージを与えられず、そのターンには決着をつけられないので、フェニキシアン・クラスター・アマリリスの破壊時ダメージ効果で決着をつけようとしたのだと思われます。

 対して龍亞に不思議がられていた遊星のスターダスト召喚ですが、召喚せずジャンク・ウォリアーで攻撃した場合、その直後にウィキッド・リボーンを発動されブラックローズガイルが誘発されることを考えると、ブラックローズ復活の戦略を読んであえて召喚したのだと考えられます。

 だがしかし、ウィキッド・リボーンをブラックローズがスターダストの攻撃で破壊された直後に発動していたとすると、遊星はスターダストの効果を発動しただろうし、次のアキのターンでスターダストを攻撃で破壊して圧倒的優位に立てたと思われます。ここがアキの敗因だと思われます。

 今回のデュエルはとてもハイレベルで、先読みを制した遊星が勝利したと言えるでしょう。
B.R. | 2008/09/12 4:18 AM
○B.R.さん

 こんばんは初めまして!ちぐさと申します。

>アニメでのローズ・リストリクションの効果は「攻撃力を0にする」だけ
 ご指摘有り難うございます、その通りでした…!
 アニメ版では対象モンスターの形式を変更することは出来ないようですね。改めて見てみましたが、過去にローズ・リストリクションを受けたマスクド・ナイトや今回のジャンク・ウォリアーは確かに攻撃表示でした。これではプリベント・スター装備後のスターダストには効果を発動しても有利にはなりませんよね。

>スターダスト召喚
 スピリット・フォースでジャンク・シンクロンを呼び出して召喚した時の流れは見事だったと思います。(ジャックも想定できなかったようでしたし。)
 遊星はブラック・ローズ・ドラゴンの効果については、同ドラゴンが初登場した時既に知っている様子でしたから(これはリストリクション発動の時でしたが)、ヴィクテム・サンクチュアリも非常に使いやすかったのでしょうね。

>ウィキッド・リボーンをブラックローズがスターダストの攻撃で破壊された直後に発動していたとすると
 なるほど、これは全く気付きませんでした。あの罠の発動タイミングを早くすれば確かにそうなりますね。
 B.R.さんの言う通りで進行されていたとすると、もう一つの罠であるオーバー・デッド・ラインも発動出来ていたでしょうし、ローズ・リストリクション要らずでも勝つ見込みはありました。しかしそれを逃した故に遊星のプリベント・スターとコズミック・ブラストの発動を許してしまった、と。
 …合っているのかどうかまた不安なのですがこういうことで良いのでしょうか…;
 
 やはり効果のバリエーションがより広がってきたからか、5D'sはなかなか想定しにくい戦略があって考えさせられます。今回のご指摘、非常に参考になりました。本当にありがとうございます!
 コメントのお返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
ちぐさ | 2008/09/13 9:30 PM
 ちぐささん、お返事ありがとうございます。
 お返事の内容全くその通りです。

 ウィキッド・リボーンのデメリットを自分のターンに残さないように発動することがカギだったわけですが、私が仮定で言ったときは、アキが遊星に熱烈に説得され仮面をつけるときであり、正常な判断がとれなかったのかとも思えます。

 さて、初代遊戯王から比べると、GX・5D'sとなるに従い、効果ダメージの割合が随分上がっているように感じます。そうした方が劣勢からの大逆転を演出できるのでしょうが、今回の2500ダメージは正直やりすぎかなとも感じます。まぁ面白いからいいのですが(笑)

 また来週のBlogを楽しみにしてます。
 それでは失礼します。
B.R. | 2008/09/13 10:43 PM
 こんばんはB.R.さん、コメントありがとうございます〜。

>正常な判断がとれなかったのかとも思えます。
 改めてウィキッド・リボーンが重く感じられますね。
 このタイミング逃しとキャラクターの精神力の波を結びつけて考えてみると、話の展開としてはある意味うまい逃しに見えてしまいますが…(笑)

>効果ダメージの割合が随分上がっているように
 アニメはLPの初期値が4,000なだけに2,500(実際は1,900でしたが)を喰われるのは確かに…。モンスターで一斉攻撃とかならまだしも、バーンで大幅なダメージを与えるようなものは(あくまでアニメの演出として)使いづらいでしょうし。
 2,000超えの効果ダメージについては以前フランクv.s龍可戦の「オベロンの悪戯」でもありましたが、いずれも最後のターンに発動だったので、しっくり来たなと思いました。
 ですが、現時点までのスタンディングデュエルを振り返ってみると割と効果ダメージで決着というのが多いので、もうちょっとモンスターも出てきて欲しいような気がしますね。

 また機会がありましたら、よろしくお願い致します!
 それでは〜。
ちぐさ | 2008/09/15 12:47 AM
Trackback
TrackBack URL : http://lite.jugem.jp/trackback/482
遊星の熱い説得回。(これで3人目だっけ?) 遊星 シグナーとして、アルカディア・ムーブメントと 戦うフラグが立ったような。 十六夜アキ ペルソナ(表に現れる仮の人格)をつくって、 考えることから逃げていたところに、ディヴァインが 現れて、洗脳されてしまった
にんじゃハムの本村 | 2008/09/12 4:58 AM
「十六夜アキのローズテンタクルスの5連続攻撃を受け、ライフポイントに大ダメージを受けた遊星に逆転の一手は?」「遊戯王5D's第23話ヴィクテム・サンクチュアリ破壊を包む星となれ!スターダスト・ドラゴン」「仮面の奥に隠されていたアキの本質は破壊を楽しむ本質っ
翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2008/09/12 7:30 AM
アニメ『遊☆戯☆王5D's』、2008年9月10日放送分の感想です。デュエル・オブ・フォーチュンカップ編、ファイナルマッチ。不動遊星vs十六夜アキ。随分前に放送されたお話なのですが、私...
BLEACHFan-ブリーチファン-プチ | 2010/04/20 7:02 AM