http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アニマル横町 (#101/102) FINAL
 たいっへん遅くなりましたが最終話!

Aパート:「どき☆どき 扉が消える日!? の巻」

 お騒がせイヨっぺが、扉を繁殖させてしまい本物の扉はどこでしょう?という話。
 最終回だからか、しゃちほこさんが突然クッキーを頂きに「だぎゃー」「だぎゃー」と元気よく出てきました。
 あのアニ横ポリスでの一件以来、喋られると笑いが止まりません。

 ヤマナミさんはやっちゃってくれますねー、勝手に人の家のトイレ借りてるってどうやってトイレまでのルートを…しかもパパ、自分の娘と妻がどこにいるかすら把握していないのかい。(笑)

 結局最後は扉が全部ハズレで「え!じゃあ本物ってどこよ!?」とショックに至るアニ横住人達。
 ちょっと嫌な空気の中で後半へ続く!
 てーかヤマナミさんそれ言っちゃいけない!>「最終回ですから」



Bパート:「どき☆どき 最終回 の巻」

 え"っ、Aパートの扉問題があっさり解決されてるよ!?
 やっぱり準レギュラーはいろいろなところで頑張りますなあ。

 一件落着としたところでBパートです。が!
 ああーこういう展開はダメだなあ。OTL
 「最終回だから何しようか」ってちょっとネタ切れっぽい視聴者に向けて作っているようで、出来ればやっぱテレビの中で話を通して欲しかった。
 最後の両親に紹介するっていう締めはキレイだったんですけどね〜。


 でも不思議と納得いかないエンディングではなかったんですよ。
 最後のみんなで挨拶コーナー(笑)も上手い要素でした。

続きを読む >>

アニマル横町 (#97/98/99/100)

 ついに100話達成!でも哀しいけどあと1話(実質上2話)で終わっちゃうのよね…。

97話&98話(9/12放映分)
「どき☆どき あみイヨ大混戦 の巻」

 これは面白かった!
 いつもの2倍の時間があったこともあり、ペースもとんとんと調子良かったです。

 でも声ごと変わっちゃったのがやっぱり惜しいんだよなあ…。

 さて新学期になると何故かこの幼稚園はクラス分けをするようで、あみちゃんは特進クラス返り咲き。
 そこであみちゃんはタケルくんという男の子の隣の席になり挨拶をするが、タケルくんは内気君のようで「はい」としか返答しません。
 その返答にとまどうあみちゃん。

 あみ「あたし嫌われてるのかなあ…」
 いや、挨拶をしてもシカトされていたくーちゃんの方が嫌われてるんじゃないかと。

 翌日身体が入れ替わりイヨが幼稚園へ。
 ハイテンションぶりが余計にタケルくんの気を引かせてしまいますが、あこ先生には大ウケだったようです。

 タケルくんは帰り際に、逃げ遅れたイヨの身体(あみ)を発見。そして彼はあみちゃんをテイクアウト。
 これは身体を考えなければすごいことです。

 しかしやっぱり持ち主に帰さないとダメよ、ということであみちゃんとイヨは夜中にタケルくんの家に潜り込んで再会し、何故かタケルくんの目の前でやじろべえを発動して帰っていったのでした。
 タケルくんは勇気を僅かながら持ちつつあり!(・∀・)

 そして驚愕だったことといえばヤマナミさん、ギャル文字だったのか…。

続きを読む >>

アニマル横町 (#93/94/95/96)
93話(8/29放映分)
Aパート:「どき☆どき ざしきわらし? の巻」

 幼稚園に出没する謎の影を追うあみちゃん達でしたが、その正体はまっちでした。
 どうやらその影を七不思議と噂されている座敷童と見なしていたようですが、まっちはただチョークを盗みに探していたのでした。
 チョークの引っ掻くような音ねえ…、発泡スチロールがこすれる音以上にあれはきついです。
 あこ先生の栄養補給はなかなか面白かったですが、幼稚園メンバーは本当に普通でした。



94話(8/29放映分)
Bパート・94話:「どき☆どき 逃げろ!まっち の巻」

 前半に引き続きまっちフィーバー。
 理由もなくアニ横ポリスに追われるまっちを助けるため、あみ達はミクロボディに変えて、パパのミニカーを借りカーチェイス劇を繰り広げます。
 つかイヨとイッサ、緊迫した瞬間に懺悔はずるすぎだっ!!

 あと、「だぎゃー」「だぎゃー」の連発は面白すぎて腹が痛い。(今更ながら)

 しかしアニ横ポリスも結構アバウトですねー。
 額のほくろがあるかないかは重要なポイントじゃないか(笑)
 まさかまっちと指名手配者は額以外はそっくりということは、つまりアニ横世界の人々には検討不可能な顔がざらにいるんじゃ…?

続きを読む >>

アニマル横町 (#91/92)
 アニ横はあと1ヶ月で終わりかあ…。

Aパート:「どき☆どき 恐怖の宿題 の巻」

 ケンタ「そもそもお化けの生き甲斐って何だ?人を怖がらせることだろう!?」
 あみ「その前にお化けは生きてないでしょ…」
 ケンちゃんがボケになってる。

 それにしても、あみちゃんの宿題多いですね〜小学生並じゃないかっ。( ̄□ ̄;)

 ケンタとイヨが担当していた自然生物の写真集は、普通にアニ横カルテットが写っていたのにもかかわらず優しいあみちゃんは感謝の意を表しその写真集を無駄にしませんでした。
 もちろん、アニ横要素は除外の方向で。

 最後にヤマナミさんとイッサが作った流しそうめん器については、宿題としては出来すぎな感じが(笑)。
 一種の芸術品ですね。(・∀・)



Bパート:「どき☆どき 謎のラブレター の巻」

 かくれんぼしている最中、部屋のクローゼットから出てきた「だいすきなあみちゃんへ」というタイトルの手紙。
 一体このラブレターを書いたのは誰だ?と探るアニ横トリオでしたが、書いた主はあみちゃんの両親でした。

 ウソ発見機はヤマナミグッズで何となくわかりましたが、これじゃあウソ言及機じゃないですか。(笑)
 しかし、イヨのキレる姿がおぞましすぎる。(OДO;)

 赤ちゃんのあみちゃんの泣き声を聞くと、声優さんやっぱり1クールよりも演技力が高くなりましたよね〜。(そっちかい)
 話的にはドタバタ込みで良いお話でした。

アニマル横町 (#89/90)
Aパート:「どき☆どき ゆれるヤマナミさん!? の巻」

 ヤマナミさんがメインの話はやっぱり楽しいですね。(・∀・)
 今回はシマ子さんが興味津々な幼稚園へヤマナミさんが潜入するお話。
 もちろん通販で売っているあの幼稚園児キットを用意するのだが、外見からして見事なガキ大将大人だよヤマナミさん!(笑)

 幼稚園はBBQの真っ最中。そこでヤマナミさんはあこ先生に惚れ始める。…初対面の時は全く興味なさげだったのにどうしたんでしょう。
 しかし、子ども(と少なくとも見えている)ニンジンだけ差し出すってのもどうかと想うぞ先生。OTL

 一人ぽつんとあこ先生をガン見するヤマナミさんはまるで不審者のよう。しかしあこ先生はそんな彼を見放すことなく、今度はニンジンとトウモロコシだけを持ってきた!
 何でピーマンも出さないんだよ!(今回最大の疑問)

 ヤマナミさん「こ、このニンジンがシマ子さんとすると、この新しく出てきたトウモロコシはあこ先生…
 このイマジンには大爆笑でした。これは上手い!



Bパート:「どき☆どき 飛べ!ケンタ の巻」

 話的には面白かったんですが、ケンタが空を飛びたいって行っていた理由がくーちゃん絡みだったっていうのは…好きじゃないです。
 お前の本心じゃないのかよ。OTL>ケンちゃん

 ケンタとイヨのコンビネーションは最高だと改めて想った話でした。(笑)
 最後のオチはアニ横の中でも割と楽しかったのではないか、と!(・∀・)

アニマル横町 (#83/84)
Aパート:「どき☆どき アニ横の裏側 の巻」

 これを見て「ぱにぽにだっしゅ!」を想い出したのは言うまでもありません。(笑)
 ということで、子供の夢を壊すひとときの時間です。

 まっちはエキストラ兼スタッフだったのか…、なら先週にレギュラーになりたいって主張していたのもなんとなくわかる気がします。
 アニ横トリオも実は役作りだった!!(大嘘)
 イッサのあの振る舞いはなんだかムカつくのですね〜。(・∀・)

 面白かったのは、マツモトさんのパネルが大道具として休憩中のあみちんの背後に置いてあったところでしたかね〜。
 最後のオチで泣くあみちゃんのあの顔はいくら何でも無いですよ…OTL



Aパート:「どき☆どき イッサの初恋!? の巻」

 つまり、あみちゃんに対する好意は「Love」ではなく「Like」だったと。(笑)
 パンダ?のぬいぐるみに恋したイッサ。相槌を返していた当たり一種の病気かと想いましたが、ズバリ恋煩いと…。

 洗ったらぬいぐるみはパンダではなくシロクマだった!という展開に、ケンタが恋敵として入るのをちょびっと期待していた自分。(笑)
 実はあみちゃんのお友達のお気に入りぬいぐるみだということがわかり、イヨに略奪愛しちゃえ!と言われたが優しいイッサは哀しい別れを選択しました。
 イッサ…優しいよ、優しすぎるよ…。そして立ち直りも早いよ…。OTL

アニマル横町 (#81/82)
 
 最近、必ずOPとAパートの間にあるウクレレ栗コーダーの宣伝CMがすごい気になる。
 
Aパート:「どき☆どき レギュラーになりたい の巻」

 ドッヂボールで新しいレギュラーパーティを作りましょうという話。
 ヤマナミさんレギュラー確定してるじゃないか!毎月りぼんのCMで嘆く必要はもう無いよ!(笑)
 さすがに最初のピッチへの直球アタックは痛かったです。ケンちゃん。

 さて、今回はアニ横住人オールスターということですが、1クールの途中から視聴を開始したせいか、未だに全員の名前がわかりません。OTL
 特にそこ!そこの羊だよっ!

 熱血ドッヂボールでは、様々な能力を発揮しておりまるでオーディション。(笑)
 魚合体技は一番笑わせられました。弥生君も笑いましたよ!
 ちなみに弥生君とHOLiCのひまわりちゃんの中の人が同じっていう事実は未だに受け止められません。

 くーちゃんがヤマナミグローブを見た瞬間に倒れるのはどうも納得がいきませんなあ。
 普通ヤマナミさんが立っている時点で倒れるべきだ。(笑)

 ドッヂボールが終わると、実はアニ横ルールだったことが判明。
 それが、当たった人が勝ちで残った人は失格というもの。

 ごめん、素でつまらない。OTL
 新レギュラーに何でイヨが入ってるのとか色々とツッコミ所はあるけれど、勘弁して下さい。

続きを読む >>

アニマル横町 (#79/80)
Aパート:「どき☆どき タイムマシン の巻」

 ヤマナミさんが回を重ねていく毎に、ド●えもん的キャラになりつつあるアニマル横町。
 今回はタイムマシンの話のようです。

 パパとママの幼少時代を覗きに行くつもりが、マシンの故障で原始時代までさかのぼってしまったあみ達。
 原始時代の頃からアニ横世代も松崎家世代も受け継がれていたんですか。(笑)

 タイムマシンは電池切れで不能となったことが判明するも、
 原始ヤマナミさん「電池?そんなものが原始時代にあるわけないじゃないデスカ〜
 と言われ、帰る術が見つからなくなってしまう。
 というか、この発言からして原始時代にタイムスリップすらしていないんじゃないかという疑惑も出てきます。

 こらこらケンちゃん!こういう時にくーちゃんの電池をだな〜…。OTL

 しかしもとの時間に帰れる術が一つ。それがアニ横の扉の裏に手紙を貼り付けてSOS。
 アニ横の世界には時代も次元も無いようですが、そんな大切な事はもっと早く明かして下さいよう…。OTL

続きを読む >>

アニマル横町 (#77/78)
Aパート:「どき☆どき イッサがいっぱい の巻」

 絶 滅

 ブロックワードをかけられ、フリーズしてしまったイッサ。
 うん…今回ばかりはケンタ…君が全部悪いよ…。

 ヤマナミさん「心の扉、秘密の扉」
 内なる鍵によってその扉を開き、その物語を示したま(違う)

 ということで、フリーズを解除するためにあみ達がイッサの心の世界へダイブ。
 実はイッサは四重人格で、の4タイプのイッサが居るという。
 臆病の象徴である白イッサが心を閉じたことがフリーズの原因であると。
 結構良い作りの話でしたね〜、イッサにはまだまだ他の人格が眠っていそうなんですが。(笑)
 イッサの心の世界については、一見穏やかでしたが蝶々がケイレンって。( ̄□ ̄;)
 15分しか時間が無いんだから居るなら早くひょっこり出てきなさいっ!>白イッサ

 最後のオチはイヨの心の扉。た、太●の塔!?

続きを読む >>

アニマル横町 (#75/76)
 
 ふと振り返ると、アニ横の3クールは本当に辛口感想ばかりでした。(爆)

Aパート:「どき☆どき 魔法少女あみ の巻」

 話のテーマは完璧なのに、オチに困っていた感じ。OTL

 イヨ達の暴力的行為によって、アニ横と人間の世界との交流が遮断されるかもしれないという鬱な事態をどうにかするために魔女っ子あみちゃんが登場。別にアニ横トリオの暴走はあみちゃんの影響じゃなくて、これが素の性格じゃないのか?

 王冠にはまる宝石を10個手に入れるには、私達の中のよからぬモノを綺麗にしないといけない!
 ジョジョビジョバー。ジョビジョバー。ジョジョビジョ(略)
 みなさん、DAKARAの銀河鉄道999バージョンはもう見ました?

 あのステッキは、一体何がネタの元なんだろう……。マリーベル…?

 ヤマナミさん「結局、これはあみ殿の夢でした。
 それ言ってる時点で夢オチじゃないって!

続きを読む >>

| 1/4pages | >>