http://lite.jugem.jp/
つたない日記のログ達。ネタバレだらけなのでご注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド (#4)
「使命×仲間」

 要約すれば、ソウマは永遠に不滅キャラということが証明された回。(うえー)
 
 死亡説が流れていたソウマは、ゼロの手によって無事助けられていました。

 ゼロ「これは、僕の片方の目だ」
 ソウマ「うわ!なんだこれ外せねええ

 思わずゲラゲラ爆笑してしまった、婚約指輪シーン。
 mixiで速攻感想書いていましたが、BL好きの方には持ってこいのシーンだったんだろうなあ…。
 ソウマの反応を見て、シャイニングシリーズの初代であるシャイニングフォースの呪いの指輪の類をうっかり思い出してしまった。
 味方ユニットが呪いの指輪はめた時、ホラーなBGMが鳴り出して「○○は、呪われた…」っていうクレジットが流れるんですが、本当にビビりものでしたあれは。
 水で指輪外そうとしているところが生活感があって何かしっくり来る。

 この二人の会話見ると、とにかく保志さん凄いと言わざるを得ない。

 余談ですが、今このアニメ見ている上、スターオーシャン3プレイしているので、出演比率が倍に感じます。

 生徒会長兼ラインハルト登場ー。
 心剣は別に想いを寄せている人構わず、心を持つ相手がいれば誰でも抜き出し可能のようです。心剣の形はその心を現しているのか人によりけり。
 前回あれだけつらいことがあったにもかかわらず、めげずに戦うソウマは今回かなり輝いて見える(笑)

 でも、誰の心剣でもOKなら、某少女革命アニメみたいに自分自身の心剣抜き出せばいいんじゃ?

 この設定ゲームではどうなってるのかがすごい気になるところですね。これで心剣使ったパートナーとマルチエンディングとかになりそう。
 私はウィンドと同日発売されるオーディンスフィア買うので、購入予定はありませんが(笑)

シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド (#3)
「友×恋」

 ますます哀れになっていくソウマくんですけど、つまりあれだ。この日は彼にとってはいわゆる大殺界だったんだよ!

 


 シャイニング・ティアーズを知らない私の友人も一度見て病みつきになってしまった動画。
 実はソウマは視聴者からはもっとも愛されてるキャラだと思う。


 ちょっと先週更新が遅れて、もう4話も放映完了しているのですが予想以上にツッコミが多く文章が長くなっちゃったので今回は別に挙げさせてもらいます。
 それから、キャラクターの名前はカタカナがデフォみたいなんで今回から統一します。

 前回の続きから。
 ソウマはキリヤと再会。お互い心剣士と言い張るも、二人とも見事に女性陣に「勘違いしてんじゃねえバーロ☆」と言わんばかりに拒絶されるのであった(笑)
 シーナはツンデレに見えなくもないけど、クレハは本気で嫌だったに違いない。

 もしかしたらソウマはまず恋愛のことになると周りが真っ暗になってストレートに立ち向かう、一途な奴なのかもしれない。(純粋ではないが)

 しかし本当にやる気ない戦闘シーン…、使い回しはあれどFateはまだ良い出来だったのに…。

 さて、戦況は逆転しシュマリに騙されていたことをキリヤに気付かされたソウマとクレハ。
 一般的に見たらお互いが嘘つきに見えるからコロコロ意思変わってたまるか、ってくらい早すぎる展開だったんですが、来月発売のゲーム版じゃキリヤが主人公だからここはもう暗黙の了解をするしかない(笑)

 思うんですが、例え心剣だろうと普通の剣だろうと、腕前は変わらないんだよね(ソウマの場合気の持ち様は間違いなく心剣が有利だけど)

 囚われのクラスメイトを助けるために、ルミナス・ナイツ出動サー!
 3人と少ない感じはしますが、複数に変わりはないですね。

 酔っ払い亀vs心剣士。
 ホウメイ曰く、酒に溺れてしまうと聞き分けがなくなってしまうらしく、ガチンコ勝負は効かないということで、

 キリヤ「なら、これでどうだ!」

 チャキッ、ズガガガガガガガガガガガガ

 ええええええええ!?
 心剣ってマシンガンにもなるの!?

 甲羅は階段だとなお不便な…、というかこのキリヤとの対決で最初の効果音がギャグチックだから、転げ落ちていく姿がまたコントの流れのように…(笑)

 シュマリの狙いはホウメイに代わる巫女をゲットすることだったので、クレハを連れ去ったようです。
 そのクレハはその巫女に与えられた儀式を行うことになりますが、幸い狐が単細胞なだけだったようです。

 クレハ「無理です!」
 その衣装も無理です。普通の展開じゃ。

 キリヤに敗北感を受けたソウマは一人で放浪の旅を始めます。
 約1分後には何故か砂漠に辿り着き枯渇状態に陥るも、キリヤ達がクレハを助けに向かた際に、恐らくタイミングをうかがっていたのでしょう。

 ソウマ「下(推定高さ20m)から登って来た!」

 お前…服装も赤いし、もしかしたらスパ●ダーマンの一族なんじゃ…

 論理的に考えてあのロープの細さは高校生4人どころかまず男子1人だけでも耐えられないだろう、とかそもそもどこからそんな長いロープ引っ張ってきたんだとかツッコミたいところが山々すぎる(笑)

 無事脱出した5人、いつの間にか着替えもしていたクレハさん。
 ソウマはキリヤに改めて決闘を申し出る。キリヤは嫌がるもシーナはそれを受け入れようと促します。

 シーナ「戦って今までのことを水に流そうってことでしょ」
 ソウマ「こくり。」

 この作品ってキャラ設定が意地悪なんだよなあ。
 正直、キリヤ&クレハとソウマ&シーナがまだ良いコンビだと思うんですが、でもそれだとここまで面白くはないだろうし。(ひどい)
 余談だけど、「やってあげなよ」ってシーナが言ってるカット、キリヤとシーナの顔の大きさが違っていて微妙に遠近感覚がわからなくなってきた。(笑)

 心剣士激突。しばらくして、気が済んだのかソウマはケリをつけることに。

 ソウマ「これ以上やると、(クレハの)心が折れちまうなァ


 (爆)。


 色々な意味でソウマ惨敗。
 敗北者は去るのみ、とソウマは3人に背を向けます。

 ソウマ「俺にはまだやらなきゃいけないことがあるんだ…」

 
 ねえよ…!!
 やりたいことはあるかもしれないけど、やるべきことはねえよ…!


 っていうかソウマはもうこれ以上首つっこまないほうが身のためだって…!(笑)


 で、そのやらなきゃいけないことっていうのはつまりシュマリ討伐だったんですが、一応この狐って偉いはずなのに、何故あんなにやすやすと侵入されるんだ?
 クレハ救出の時の建物警備の薄さもびびったが。

 ソウマ「お前も騙されてたんだよな」
 鳥「んなの、俺には関係ねえよ←要約台詞。

 と言わんばかりに、逆に襲われるソウマくん。果てには処刑されることに。
 もう味方誰一人いねええ…!さすがにそろそろ救いの手を…!

 しかし最後の最後であの砲撃はないだろうに…(笑)
 あれで主人公助かったとかいうお約束だったらそれこそ異議ありってところです。


 そろそろティアーズの話が見たいなあ、と思ってたら次回予告にゼロ来ましたし。
 やっぱりソウマは死亡エンディングを迎えたってことでしょうか(ええー)


 その次回予告。何やら雲行きの怪しいキリヤルート。

 シーナ「こんな時に、ソウマがいてくれれば…」
 えーと、その状況でいったいどこに彼の必要性が?(もうどん底だ)

続きを読む >>

シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド (#2)
「心×剣」

 話が読めねえええ、何すかこの超特急展開は!(笑)


* 主役はちょっとオバカなほうが逆におちゃめです

 蒼真が得た剣・雪月花。その剣を手にしたものは伝説の心剣士だそうです。

 蒼真「オレ、呉羽の心感じたよ!」

 えええええ!?
 お前さっき完璧にフラれてたじゃねえか!


 しかも、カオスゲートに剣ブッ刺して、「え!消えた…」とかその反応はないだろう(笑)
 それにしても戦闘シーンとかあんまり力入れてないコンテですねー、剣裁きだけ映ってその後に敵がドタドタ倒れるってコントじゃあるまいし…。

 襲撃は何とか収まり、制服がズタズタに引き裂かれてしまった呉羽は着替えることに。
 そしてカバンの中に用意していた予備の服がよりによって巫女服

 な ん で ?

 犬との「待て!俺は敵じゃねえ」「本当か!」の会話も警戒心とか全く無いし、蒼真の呉羽に対するアタックはハンパじゃないし、やっぱネタアニメなのかこれ…。

 そして、この後に狐と一緒にゴブリン相手に大戦してるのかが今回最大の謎だ…!(爆笑)


* ハイペースな展開

 あの、一体話中ではどのくらい日が過ぎたんですか?

 セイロンに案内された蒼真と呉羽は蒼真曰くVIP待遇される。
 4連続の自己紹介はコンテがギャグ風に見えて笑ってしまいました。
 蒼真の聖杯ネタは笑えないのに。

 伝説の聖杯があれば、蒼真と呉羽はエルデに帰れるかもしれない。
 そして、この世界の救世主が心剣士であることを告げられる。

 呉羽「よろこんで引き受けます」

 よ ろ こ ん で !?
 ま、まあ元の生活に戻るためには良い提案かもしれませんが、いや、いや…(落ち着け)

 世界を救うため、セイロン防衛の為、力を貸すことを決める蒼真と呉羽。
 翌日、戦況を見に行くことに。虎笑いすぎ。

 ところが、セイロン側のヒョウウンが敵に敗れすぐに援護に向かうことになる蒼真。
 しかし、そこで霧谷と椎名が現れ、お前もかー!と言わんばかりの再会。
 来週からはガンダムSEEDの一期の方が新たに始まるようです。

シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド (#1)
「現代×異世界」

 ゲームは未プレイです。
 主人公が.hackのハセヲに見えてしょうがない


* 二つの世界

 主人公達は聖ルミナス学園の生徒会員。一応日本人(これびっくりした)
 神隠し事件が多発しているということで、事件の原因を突きとめようとします。

 蒼真達は猫耳娘のマオと対面しますが、彼女はゼロという黒と白の翼を持つ少年を探しているとのこと。
 おそらく蒼真と呉羽が飛ばされた異世界に事件の真相があるということでしょうが、物語はまだ始まったばかりなのでどんな展開かは次回のお楽しみですね。
 しかしマオ、そんな大事なものをガード固めてない胸元にしまうな…!(汗)

 余談ですが、ゼロかっこいいね。(・∀・)


* 口が塞がらない

 いやもうなんか、なんじゃこりゃあああああ!の連続(笑)
 ここまで絵コンテと脚本が酷い1話は初めてだ。何かネタアニメって言われるのもわかる気がしてきいました。
 せっかくの山場なのに全く違うシーン流してじらしまくってたり、何がストーリーの本質なのかがイマイチわからんし、でもキャラクターの描きはすごい良いし。
 こ、これは最終回まで視聴継続できる自信がある!(なんかひどい)

 蒼真が呉羽に告白してるのに、呉羽がお前じゃ論外だといわんばかりに冷たくあしらってるところとか、それなのに話の後半で異世界に飛ばされた際には「私の心を受け取って!」とか蒼真の士気をバリバリ上げてたり、この女あなどれないっ!
 逃げろって言われて「わかったわ」ってすぐに逃げるところもなお素敵。
 蒼真も蒼真で、目玉ゴブリンの大剣を両手挟みでガードとか強すぎ(笑)
 
 あっ、あとおとぎ銃士赤ずきん見てた人は絶対異世界はファンダヴェーレだって想いますよね?
 「こっちの世界はエルデって言うの」ってマオの発言には、コナミの刺客か!?と思いましたよー。
 原作はどちらが早く作られていたんでしょう、偶然なんでしょうけどそうは思えない…!(笑)

| 1/1pages |